住宅のはなし

北海道で家を建てるなら、設計の時にチェックして欲しいポイント2つ!

冬の北海道の家

どーも。さすがにマイナス10℃は寒いなぁと思っている、札幌在住の大雪です。

さて、北海道で家を建てるとき、チェックして欲しいのはズバリ、電柱&屋根と玄関の位置です。

北海道だけじゃなく、寒冷地ならやはりチェックしたほうが良いと思います。

地味な箇所ですが、ここでミスをすると、毎年冬はウンザリするハメになります。

北海道で家を建てる時のチェックポイント2つ

電線と通り道が被らないようにする

方角とか風水的な問題とは違います。

玄関と、電柱及び電線の位置関係を確認してもらいたいんです。

電線には色々なカバーや部品が取り付けてありますよね。

写真のオレンジで囲った部分です。

電線のポイントにオレンジでマルをしている画像

電柱の位置と玄関の間に距離があれば問題ありませんが、接近している場合。

このような部品が、玄関や玄関前の階段と被るような位置にあると、天候によっては面倒なことになります。

雨の場合、雨水がその部品から滴ってくるというだけなので、出入りの時少しうっとしいくらいで済むかもしれません。

でも冬はマズイです。凍ります

雪が降り、日中少し溶けると、部品からポタポタと水滴が落ちます。それが氷になって玄関前をガシッと固めてしまうんです

この氷はなめらかなので、すごく滑ります。しかもそこが階段だった場合、自分だけではなく、お客さんもみんな滑って転んで怪我をします。

子どもとか危険極まりないです。この場合、滑り止めのマットもあまり効果がありません。

これは、家を立てて冬を迎えてから初めて気が付きます。その時になって、「うわ、失敗した!」と思うのです(´;ω;`)

でも玄関を移動する訳にもいきませんしね…。

電柱の方を移動するという手がありますが、10~20万円かかるようです(条件もあり。詳しくはお住まいの地域の電力会社へお問い合わせを)。

玄関の屋根のカドにも注意

また、玄関屋根(ひさし)の長さと位置もご確認を。

玄関屋根のカドから落ちた雪解け水が、玄関ポーチや階段を濡らして凍らせます。

この氷も、やはり滑る氷です。

こまめに割るという手段もありますが、氷の下がタイルなど傷つきやすい素材だと、力加減で神経を使うので疲れます(;´・ω・)

また、この玄関屋根のサイズにも建ぺい率が関わってきます。

建てた後からリフォームすることも出来ますが、大きさによっては違法建築となる恐れもありますので、設計の段階で確認することをお勧めします。

大雪
大雪
正面だけじゃなく、駐車スペースへ移動する時の通路も要チェック!



北海道で家を建てるなら、設計の時にチェックして欲しいポイント2つ!:まとめ

家を建てるのは大ごとなので、チェックすることは沢山あります。でもここは盲点じゃないかな?と思って記事にしてみました。

これから家を建てる方、まだ設計図が固まっていない方、また、中古住宅を検討中の方も、玄関前で頭の上を見上げてみてください。

大雪
大雪
以上、実際に滑って転んでジーンズに穴が開いた、大雪からの提言でした。痛かった…。

では!

住宅の工事現場
新築の時の注意点。注文住宅を理想に近づけるための7つのアドバイス自分が新築注文住宅を建てる時に気が付いたことなどを反省も踏まえてご紹介します。家を建てるなんて人生の中で何回もあることではありません。経験者のアドバイスをぜひ参考にして下さい。...